書籍・楽譜

お役に立つものはありませんか?

 

今まで出版してきたものをご紹介します。

 

在庫些少のものやすでに絶版になってしまったものも含まれており、場合によってはご希望に添えない場合もありますが、その際はご容赦下さい。

 

私のサインを入れてお届けすることも可能です。お知らせ下さい。

 

別途送料がかかります。宅急便でお届けする場合にはクロネコヤマトの着払い便を使います。メール便や通常郵送の場合は、かかった送料をお知らせしますので、代金と合わせてご送金下さい。

 

お支払い方法は商品に添付するか、別途メールでお知らせします。商品受領後にご送金下さい。

書籍

新版モーツァルト演奏法と解釈

新版モーツァルト演奏法と解釈音楽之友社

6,500円+税(定価7,300円+税)

恩師バドゥーラ=スコダの著作の日本語化を監訳者として担当しました。世界中で愛読されている、演奏家、レスナー、学生必携の指南書の最新版です。モーツァルトのみならず古典派、そして音楽全般に応用できるノウハウが満載されています。

 

バッハ演奏法と解釈──ピアニストのためのバッハ

バッハ演奏法と解釈──ピアニストのためのバッハ全音楽譜出版社

6,700円+税(定価7,500円+税)

恩師バドゥーラ=スコダの著作の日本語化を監訳者として担当しました。読みやすい、わかりやすい日本語を心がけました。人によって主義主張が異なるバッハですが、演奏家の視点からのアプローチが新鮮で、使いやすい参考書です。

 

ウィーン・オーストリアを知るための57章

ウィーン・オーストリアを知るための57章明石書店

1,700円+税(定価2,000円+税)

旅行前や留学前に読んでおくことをお薦めします。ヨーロッパの昔と今、それらの状況をいろいろな視点から知ることができます。私は音楽関連の情報を担当しました。

 

ハイリゲンシュタットの遺書(ドープリンガー)

ハイリゲンシュタットの遺書ドープリンガー

2,500円+税

ベートーヴェンが書いた“遺書”のファクシミリ版と、日本語、英語、フランス語、イタリア語での翻訳が掲載されています。邦訳は私が担当しました。「遺書」とはどこにも書かれていませんが、熟読するとベートーヴェンがいかに聴覚の衰えに悩んでいたかがわかります。この文書はベートーヴェンが「過去への訣別」と「未来への誓い」をしたためた実に感動的なものです。

 

ウィーンの風(ウィーン日本人会)

ウィーンの風ウィーン日本人会

1,800円+税

1984年から1990年に発行されたウィーンの日本人会会報にて連載された音楽エッセイの集約です。情報自体は古くなってしまいましたが、まだのんびりとしたウィーンの姿が彷彿としてきます。表紙の写真も、私がウィーンの森で撮影したものとなっています。

 

音楽の旅 ウィーンのすべて

音楽の旅ウィーンのすべて

2,800円+税(プレミアム商品・定価1,748円+税)

1998年〜1990年の『月刊ショパン』に連載されたエッセイが1冊の本として出版されました。写真がたくさん掲載されています。きれいな写真です。私自身の「へええ」と思うほど若いときの姿がチェックできます。

 

僕らが育った時代(れんが書房)

僕らが育った時代れんが書房

定価2,800円+税(プレミアム商品・定価2,000円+税)

中学と高校の時代を共にした仲間たちとの共同エッセイ集。私は親子関係の葛藤に関して執筆しました。すでに絶版となり、在庫はごく限られた数しかありません。

 

楽譜

モーツァルト ピアノ・ソナタ集 I 〜 VI(音楽之友社)

モーツァルトピアノ・ソナタ集 I〜VI音楽之友社

各巻1,230円+税(定価1,400円+税)

とてもユニークな楽譜です。基本は正真正銘の原典版。安心してお使いいただけます。バドゥーラ=スコダ著の『新版モーツァルト演奏法と解釈』にほぼ準拠しており、本の中でも推薦楽譜になっています。モーツァルトの自筆譜よりも初版の情報を優先して編纂された、時代の最先端をリードする楽譜です。それに加え、グレースケールでモーツァルトの演奏に欠かせない「抑揚」へのアプローチがわかりやくす提示されています。運指法も「正しい抑揚をつけやすいように」という配慮から考えられた、教育家ではなく演奏家からの提案です。そして、レッスンの時にも楽譜鞄が重くならないよう、6分冊になりました。モーツァルトに関する文字情報も貴重です。書籍とあわせ、ぜひモーツァルト演奏のコンパニオンとして御利用下さい! 各巻に収録されているのは次のソナタです。

 

第1巻:K.279(第1番)からK.281(第3番)までのソナタ
第2巻:K.282(第4番)からK.284(第6番)までのソナタ
第3巻:K.309(第7番)からK.311(第9番)までのソナタ
第4巻:K.330(第10番)からK.333(第13番)までのソナタ
第5巻:K.475(幻想曲)とK.457(第14番)のソナタ
第6巻:K.533/494(第15番)からK.576(第18番)までのソナタ

 

ソナチネアルバム第1巻(全音楽譜出版社)

ソナチネアルバム第1巻全音楽譜出版社

2,050円+税(定価2,400円+税)

初版および初期楽譜に基づいて私が編纂しました。従来の楽譜にあった嘘のスラー、スタッカートや強弱記号などを排除して、原典版仕様にしました。長く待ち望まれていた楽譜です。たくさんの方々に使っていただいており、重版も順調です。せっかくピアノを習うなら、正しいスタイルで学びたいですね! 私の演奏によるCDもぜひ御利用下さい。

 

ソナチネアルバム第2巻(全音楽譜出版社)

ソナチネアルバム第2巻全音楽譜出版社

2,150円+税(定価2,500円+税)

初版および初期楽譜に基づいて私が編纂しました。従来の楽譜にあった嘘のスラー、スタッカートや強弱記号などを排除して、原典版仕様にしました。第2巻には通常のソロバージョンに並行して、作曲家オリジナルの室内楽バージョンも提示されています。さまざまな角度から音楽を楽しんでみませんか? 私の演奏によるCDもぜひ御利用下さい。

 

ソナタアルバム第1巻(全音楽譜出版社)

ソナタアルバム第1巻全音楽譜出版社

2,300円+税(定価2,700円+税)

昔ながらの「ソナタアルバム」が原典版準拠になりました。それに加えて私の推奨するペダリングが表記されています。ペダリングは標準的なものとは違う、「ピアニストが実際のコンサートステージで使うとこうなるだろう」というものを再現するよう試みました。「そう踏まなくてはならない」のではなく、自由な発想で音響の広がりをお楽しみ下さい。

 

ソナタアルバム第2巻(全音楽譜出版社)

ソナタアルバム第2巻全音楽譜出版社

2,500円+税(定価2,900円+税)

昔ながらの「ソナタアルバム」が原典版準拠になりました。それに加えて私の推奨するペダリングが表記されています。ペダリングは標準的なものとは違う、「ピアニストが実際のコンサートステージで使うとこうなるだろう」というものを再現するよう試みました。「そう踏まなくてはならない」のではなく、自由な発想で音響の広がりをお楽しみ下さい。

 

シューベルト グラーツ幻想曲(全音楽譜出版社)

シューベルト グラーツ幻想曲全音楽譜出版社

900円+税(定価1,000円+税)

シューベルトの隠れた名曲《グラーツ幻想曲》です。ベーレンライター原典版では未解決だったテキスト上の問題を解決し、運指を加えました。私のサイトで音源を公開していますので、参考にして下さい。

 

ショパン 幻想即興曲(ペータース原典版)

ショパン 幻想即興曲ペータース原典版

1,700円+税

誰もが弾きたいと思う有名な《幻想即興曲》。今井顕校訂の原典版です。折り込みページをうまく使い、たった1回の譜めくりで最後まで弾くことができる、ユニークな装丁になっています。

 

ショパン 即興曲集(東独ペータース原典版)

ショパン 即興曲集東独ペータース原典版

非売品

非売品を紹介するのも失礼かと思いましたが、ご容赦下さい。東ドイツが崩壊末期に外貨を少しでも獲得しようとして企画した「ショパン原典版プロジェクト」の編集責任者として恩師バドゥーラ=スコダが就任しました。私が担当したのはそのうち《即興曲集》でしたが、それがこの楽譜です。そのごほどなく東ドイツは消滅してしまい、この楽譜も幻の楽譜となりました。販売はできませんが、資料としての貸し出し、またコピーをお渡しすることは可能です。

 

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」(オイレンブルク)

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」オイレンブルク

2,600円+税

恩師バドゥーラ=スコダと共同で校訂した《皇帝》のミニチュアスコアです。2台ピアノ版の楽譜出版も計画されていたのですが、こちらは残念ながら実現しませんでした。ベートーヴェンの自筆譜に見られる「点とくさび形のスタッカートを作曲家の意志を踏まえてそれぞれ表示する」という史上初の試みを反映させました。

 

ラフマニノフ《アンダンテ・カンタービレ》(ミュッセ)

ラフマニノフ《アンダンテ・カンタービレ》ミュッセ

600円+税

ラフマニノフの《パガニーニ・ラプソディー》の第18変奏(オリジナルはピアノとオーケストラ)のピアノソロバージョンです。アンコールに最適。あるいは、愛情たっぷりの味わいがありますので、結婚式のプレゼント曲としてもお薦めです。

 

シューベルト《アヴェ・マリアとクーペルヴィーザー・ワルツ》(アトリエ・ウィーン)

シューベルト《アヴェ・マリアとクーペルヴィーザー・ワルツ》アトリエ・ウィーン

1,000円+税

有名な歌曲《アヴェ・マリア》を私がピアノソロに編曲した楽譜です。《クーペルヴィーザー・ワルツ》はもともとピアノソロ曲として作曲されましたが、特異な経緯をたどって演奏伝統としてのみ継承されてきた作品です。1943年1月4日にリヒャルト・シュトラウスによって採譜され、初めて楽譜の形になりました。

 

やさしいピアノ曲集(ウィーン原典版)

やさしいピアノ曲集ウィーン原典版

1,950円+税(定価2,200円+税) ←残念ながら品切れです…。

バッハからシェーンベルクの作品のうち、初心者向けのソロ作品と連弾曲が収録されています。なるべく早い時期から原典版に慣れ親しもう、という教材です。私は「原典版とはどんな楽譜か」そして作曲家に関する情報執筆を担当しました。現在版元でも在庫がなく、増刷の予定もたっていないようです。